つみきとお金

1口の金額と満期の期間

マネー

みんなで大家さんは、1口100万円から始めることができる不動産投資信託です。一般の不動産投資と違って低額から始められるため人気です。さらに満期が3年と決まっているため、安心して運用できるのもメリットです。

Read

マンションを運営するには

スーツの人

サブリースは、不動産会社に経営を一括して任せるシステムです。経営のことについて不安があっても不動産投資を行うことができますので、多くの人が利用しているサービスです。家賃保証などのメリットも多く、初心者にも向いています。

Read

太陽光発電での投資

ソーラー発電

土地付き太陽光発電への投資が、安定した資産運用を望む方の間で人気の投資商品となっています。業者が提供している土地付き太陽光発電は、地方などの非常に安価な土地を用地にしているため、土地購入の費用を低く抑えられるのです。遠く離れた土地の場合でも、業者の方で管理の代行をしてくれますので心配ないのです。

Read

経営規模を拡大して

レディー

企業や個人が不動産投資を始めるときのスタートラインは、1000万円前後で購入可能なワンルームマンションへの投資です。しかし複数のワンルームマンションを購入した後は、不動産投資のスタイルを大きく変えるのが理想的です。特に企業の場合には潤沢な投資資金が確保できるために、一棟売りのマンションやオフィスビルを積極的に購入するのがポイントです。質の高い一棟売り物件を手に入れるためには、確かな物件情報を確保するルートを確立するべきでしょう。法人営業を積極的に行う不動産会社であれば、顧客のニーズに合わせて手ごろな一棟売り物件を紹介することが可能です。現状の利回りに注目することも重要ですが、将来的な収益の見込みもシミュレーションすることが、不動産投資の基本です。

賃貸経営を行うオーナーが常に考えているのが、建物の築年数が20年から30年になった時の保有物件の売却です。老朽化した物件を売却する出口戦略を確立することが、安定性を重視した不動産経営を行うための最大のテクニックです。オフィスビルやマンションを買うことだけではなくて、売るときのことも考えながら、常に不動産会社と対話を持つ姿勢が大切です。長期間同じ物件を保有し続けるときには、リフォームや建て替えなどの独自戦略を持つのが望ましいです。オーナーの希望通りに所有する物件をリニューアルできるのが、一棟売り物件への不動産投資を行うことのメリットです。所有者が創意工夫をすることで、入居率が低迷している物件であっても、稼働率を高めて満室経営が目指せるでしょう。